注文住宅で90点満足しています。

当時、娘が足にギブスをしていて外で車いすを使う事も多く、注文住宅を建てる際はバリアフリーにこだわりました。
それから尺でなくメーターモジュールで作りました。家の中でも車いすを使う様になった時の事を考えて廊下を広くしたかったのです。
出来上がりは多少ですが広くなりましたし、バリアフリーなので段差に足が取られるような事はありませんでした。

あとは、バリアフリーと浴室、トイレ、廊下を広くしました。
娘は足の付け根までギブスをしていて足を曲げられないので、古い家の時はお風呂もトイレも入るのが大変でした。何度か手術する予定があったのでそれを見越して設計しました。手すりも付けて歩きやすく、立ち上がりやすい様にしました。
広さにこだわっていたので普通のお家より壁が少なくガランとした感じはあります。リビングと和室のドアを引き戸にして開け放せばバリアフリーなのでとても広く感じます。

また、バリアフリーでリビングや和室のドアを引き戸にすると、引き戸のレールの溝にゴミ入り掃除が大変です。ほこりでなく固いゴミだと取り出せなくて結構苦労します。
家の中ばかりバリアフリーにこだわりましたが、玄関前に階段が3段ありスロープにしておけば良かったと思っています。

PR|瑞穂町で建てる戸建ての注文住宅|